鉄道技術・サービスセクターでは、鉄道車両および機関車の製造と保守、鉄道インフラの設置と保守、および鉄道の指揮・制御・通信システムに関連する技術、コンポーネント、部品、製品、機器、装置、およびサービスを対象としています。

  • コンポーネントおよび技術を含む鉄道車両と機関車:すべての機関車、貨車、客車、ならびにそれらのコンポーネント。車両、高速車両、車両用ドア、鉄道用エンジン(ハイブリッド、電気、グリーン)、ブレーキシステム、サスペンション、列車内操作盤、機関車および客車の安全技術(火災、地震、洪水など)を含む。
  • 鉄道インフラ:以下の3つの大区分に基づく鉄道インフラのすべての要素。1)線路および線路に関連するインフラとコンポーネント(線路、枕木、溶接、ブラケット、ちょう架線、架空電車線)、2)電力系統のコンポーネントおよび設備(架空線技術、第三軌条技術、電化、電気コンポーネント、バッテリー、変換器、半導体)、および3)エンジニアリング・建築用インフラ(鉄道駅の設計、鉄道駅入場システム―回転式改札口、プラットフォーム、立ち入り区域)。
  • 鉄道サービスの提供と保守:発券、旅客情報技術、および旅客サービスを含む管理、資材補給、ならびに接客サービスとシステムのすべての要素。保守には、エンジニアリングサービス、計測サービス、修理・保守サービス、研修・教育、鉄道および車両の保守、管理および運行を通じて、インフラと鉄道車両が正常に作動する状態を確保することを含む。
  • 鉄道の指揮・統制・通信:指揮・統制・通信(CCC)を提供するということは、本質的に、鉄道の運行を安全かつ効率的に、環境に配慮して統制するために用いる信号システムを提供することである。CCCの対象は、鉄道運行の管理、統制、および通信に関連するすべてのコンポーネントと業務である。
  • 鉄道の保安、安全、および危機防止・管理:このサブセクターの対象は、緊急事態に際しての手順や対応に関わるすべてのシステム、研修、およびコンポーネントであり、客車の安全技術(火災、洪水、地震など)、鉄道インフラ用の耐震コンポーネントおよび部品、緊急対応システム、安全技術、保安システムを含む。

作成中

イベント終了後に作成