ヘルスケア・医療技術セクターでは、以下を含む幅広いサブセクターを対象としています。

  • 支援技術:高齢者や機能が低下した人を支援するための在宅看護・リハビリ用機器。高齢者や機能が低下した人の支援または訓練のための装置および装具。
  • 医療機器:人間や動物の疾病の診断、処置、および予防の1つまたは複数に用いられ、それにより薬理的、免疫学的、または代謝的な手段の使用を不要にするすべての器具、装置、機器、または資材。
  • ヘルスケア向け情報通信技術(ICT):小型化した割安の電子機器およびセンサー、高密度メモリ、微小電気機械システム、既存装置の斬新な組み合わせなど、ヘルスケアを強化するために使用されることがある新型機器や改良型機器。
  • 遠隔医療と遠隔健康モニタリング:在宅看護、電気通信網、レントゲン写真、病理静止画像。電気通信を活用した患者の診察、観察、処置と人材育成。
  • ナノ技術ヘルスケア
  • 歯科医療用製品:診断技術、予防技術、口腔内硬組織疾患処置技術、再生医療技術、歯科医療用実験技術。
EUの特徴

欧州連合(EU)は、グローバルなヘルスケア・医療技術市場において世界第二位の規模を誇り、グローバル市場の31%を占めています。

医療技術産業には50万件を超えるさまざまな技術があり、ヘルスケアシステムの一層の効率化、費用対効果の向上、そして持続可能性の向上に寄与しています。

ヨーロッパにおいて、ヘルスケア・医療技術産業は約1,000億ユーロの規模を誇り、平均すると年率4%で成長を遂げています。
2万5,000社の企業と57万5,000人の従業員を擁するヨーロッパの医療技術産業の顕著な特徴として、中小企業が95%で占めています。ヨーロッパのヘルスケア・医療技術産業において最大の市場シェアを持つ国はドイツ(28%)となっており、これにフランス(16%)、イギリス(12%)、イタリア(10%)、およびスペイン(5%)が続きます。

支援技術

人口の高齢化が進む中、それに応じて障害を持つ人の数が増えることが予想されています。推定では、ヨーロッパでは260万人が上肢に影響を与える運動障害を抱えており、そのうち約130万人は、日常的な作業を行えるようになるための支援技術を必要としています。支援技術セクターではイノベーションの余地が大きく、実際、障害には1つとして同じものがないことから、最近の進歩は個人化された技術に適しています。

医療機器

医療装置は、極めて多様な製品群から成っています。救急用絆創膏のように非常に単純な用品もあれば、植え込み型の心臓・神経用装置や磁気共鳴画像診断(MRI)装置など、より複雑な装置もあります。歴史的に見て、医療装置産業は年間平均成長率が5%、営業利益率が23~25%と非常に魅力的なセクターとなっています。この産業は、何十年にもわたって比較的安定した業績を上げています。

ヘルスケア向け情報通信技術(ICT)

保健・福祉向け情報通信技術(eヘルス)は、ヨーロッパ市民に最高の質のケアを提供するためにますます重要になりつつあります。一般的に、eヘルスには電子カルテ、遠隔医療、健康情報システム、臨床判断支援、健康管理、消費者向け健康情報科学、mヘルス(モバイル技術)、および電子処方箋などのサービスが含まれます。グローバルなeヘルス市場の規模は、2014年の時点で850億米ドルを超えており、2022年まで年率15.5%で成長するものと見込まれています。

遠隔医療と遠隔健康モニタリング

遠隔医療サービスは、糖尿病管理、プライマリヘルスケア、精神医学、遺伝医学、放射線医学、病理学、心臓病学など、いくつかの医療分野で使用されている。遠隔医療のヨーロッパ市場は今後大きく成長し、トレンドであり続けると見込まれています。
2015年の報告によると、2019年の市場規模は130億米ドルに達すると予想されています。

ナノ技術ヘルスケア

グローバルなナノ医療市場は着実に拡大しており、2013年は2,142億米ドル、2014年は2,483億米ドルの規模でした。総市場は、2014年から2019年にかけて年平均成長率16.3%で拡大し、2019年までに5,280億米ドルに達すると見込まれています。ナノ医療市場の主要セグメントは、2011年時点の規模が280億米ドルだった制がん製品セグメントです。

歯科医療用製品

優れた審美歯科に対する需要の伸び、人口の高齢化、およびベビーブーム世代の購買力の向上などの要因により、将来、グローバルな歯科医療用実験市場が成長するものと見込まれています。2013年にはヨーロッパの3つの市場で総売上高の伸びが報告されており、デンマークで12.75%、フランスで1.98%、イギリスで1.04%、それぞれ増加しました。

作成中

イベント終了後に作成