Rehart GmbH

【会社概要】

1983年に、創立者KlausSchüleinはREHARTGmbHを設立し、現在のREHARTGROUPの礎を築きました。Rehartという社名は、再世代とハードメッキ(ドイツ語では「hartplattieren」)に由来しています。設立当初は、耐久性に拘り、可能な限り安定した操作を可能にする、高品質な機械・機械部品保護製品の製造開発に取り組んでおりました。現在は、弊社グループの傘下に、様々な事業会社が事業展開しております。弊社REHARTPOWER社は、水力発電用スクリューとアルキメデス製スクリューポンプのみを取り扱っており、スクリューの構築と摩耗保護に関する10年来の経験から利益を得ています。再生可能エネルギー部門では、革新的な魚道を備えたスクリューを含む水力発電所が世界的な成功を収めております。

【製品情報】

弊社は、様々な分野に合わせ、最適に調整された摩耗保護ソリューションを提供します。
スクリュー、プレートをはじめとする部品は、複合硬質面板から形成、または異なる材料を溶接して層をつくることによって硬化しております。部品が熱負荷にさらされない場合、セラミック複合ナノスケールが使用されます。
さらに、水害対策の製品ラインアップには、高品質なアルキメデスねじポンプも取り扱っており、統制品は、水上揚水スクリューと水力発電所によって、再生可能エネルギーを環境に優しい方法で生成することができます。弊社は、導入計画、設計、生産から完成した設備の導入まで、一貫してプロジェクト管理とサービス提供します。また、下水処理分野では、デカンター、オーガー、ブリッジ、細目スクリーンなど、排水処理プラントのための様々な部品を製造しています。

【商談で協議したい協働形態】

弊社は、日本における再生可能エネルギーの潮流に精通した現地代理店をパートナーとして探しています。また、水力発電部門における再生可能エネルギーの補助金に精通していることも必要条件。です。同代理店は、水力発電業界におけるネットワークと、弊社のアルキメデススクリューポンプと水移動式スクリューを備えた水力発電所を販売することができるだけの、十分に訓練された技術チームを持っていなければいけません。さらに、同代理店は廃水技術/下水道システム当局と連絡を取り、入札プロセスをどのように扱うか調べていただきたいです。
その他弊社製品の最終顧客となる水力発発電関連のメーカも探しております。

 

ドイツ
設立年 1983年
本社 ドイツ
URL http://www.rehart-group.de
サブセクター バイオマス、水力