VYNCKE NV

100年以上にわたって、VYNCKE社はバイオマスやRDF由来のグリーン、クリーンエネルギー工場を設計・建設してきました。それらの工場では、1MWthから100MWthの地熱エネルギーと0.5から15MWeの電力を生産します。

わが社では、地球温暖化問題が表面化するずっと前から再利用エネルギービジネス取り組んできました。そしてこの廃棄物とエネルギー問題の解決を目標とする確固としたビジネスモデルを継続してきました。つまりわが社の活動こそが持続可能性を体現したものと言えます。
現代において、多岐にわたる例があちらこちらに見受けられます。ロシアのひまわり油の生産者は、そのからから熱と電力を創り出しました。また、タイのMDF生産者は木の残基を蒸気エネルギー、地熱オイル、熱ガスに変えています。また、別のバイオマスの例として、スコットランドのウイスキーの蒸留所が木屑でバイオマスエネルギーを生成したり、ルクセンブルクのGoogle データセンターではリサイクル木片からエネルギーが生成されています。
我々の持つグローバルプロジェクトデータベースを通して、わが社のエネルギー工場では、さまざまな異なるタイプのバイオマス(コメの籾殻や木片、ヒマワリの種の搾りかすやリサイクルされた木片等)に取り組んでおり、有益な媒体(蒸気やサーマルオイル、電気等)を使ってグリーンプロセスエネルギーに変えています。

設立年 1912年
ベルギー
サブセクター 太陽熱、風力、エネルギー貯蔵
従業員数 250名以上
URL http://www.vyncke.com