Celignis

Celgnis社は、研究所で分析したバイオマスサンプルの組成データを提供するサービス会社です。

バイオマスは(木材や草等)植物性の物質に分類されており、植物から派生した素材も含まれます(例:紙、有機的な一般廃棄物)。バイオマスはエネルギー(熱エネルギー、電気)、化学製品、交通用のバイオ燃料生産に使用されており、第二世代バイオ燃料はリグノセルロースのバイオマスから派生した交通燃料です。リグノセルロースのバイオマスとは、特定の化学物質(主にセルロース、ヘミセルロース、リグニン)で生成されるバイオマスです。バイオ燃料やエネルギー生産に使われているとき、バイオマス資源はしばしば「供給原料」と呼ばれます。リグノセルロースの供給原料は第一世代バイオ燃料と比べて比較的に安価で、環境にやさしい燃料の為、先進的バイオ燃料の部門は今後、急速な成長が見込まれています。農業的なリグノセルロースの供給原料には、専用の資源作物(例:ススキ、短期回転雑木林)や、以前から存在するもの(例:穀物藁、費やしたキノコの堆肥、動物スラリーなど)が含まれています。
現在、わが社では、主に5つエリアでの分析サービスを提供する目標を掲げています:
(1)第二世代バイオ燃料のためのリグノセルロースの供給原料 -我々は、処理前のバイオマスや、転換する際に生じた物質も分析対象としています。その際には、一般的な標準の化学的方法だけでなく、すばやく、的確で安価な自社の近赤外(NIR)メソッドを活用しています。
(2)燃焼や他の熱工程用の供給原料-重要な要素:要素組成(例:炭素、水素、窒素、硫黄)、ヒーティング・バリュー(発熱量)、揮発性物質、湿気、そして灰分/組成物。 国際的に承認されている(例:EN/ISO/ASTM)分析方法を使用しています。
(3)バイオマスの物性-例:分子サイズ、容積密度、ペレット特性
(4)バイオ変換プロセスの液体産出-炭水化物、有機酸、フラン用に。液体細流のオリゴマー成分を判断することができます。
(5)水生バイオマス-海藻のすばやいNIR分析モデルを開発中です。

設立年 2013年
アイルランド
サブセクター 太陽熱、風力、エネルギー貯蔵
従業員数 5名未満
URL http://www.celignis.com