BIOGEST Energie- und Wassertechnik GmbH

バイオガスパワーリング技術は高度に効率的な2段階のバイオガスプラントで、ほぼ全ての基質に対応可能です。電力アウトプット量は250キロワットから2,000キロワットで、バイオメタンの製造量は80m³/hから500m³/hです。設計は外部の主要消化装置と内部のポスト消化装置に基づいています。

主要消火装置は環状管で、押し出し流れを制御することができる。パワーリング消化装置には強化コンクリートの屋根が設置され、完全な絶縁状態は熱の効率性を最高レベルに高めることができます。発電所のコンパクトなデザインは、求められる生産高と基質の種類や量に合せたタンクのサイズ調整を可能にします。パワーリングシステムの特に顕著な特徴は、その傑出したアジテーション技術で、すでにいくつかの委託発電所で長期運営による価値が証明されています。シミュレーションを使った科学的な研究により、最高レベルの混合とエネルギー消費の最小化を達成するための理想的なアジテーター設置ポジションを確定することができました。アクセスのしやすさと外部モーターにより、アジテーターのアフターサービスが非常に簡単な作業となっています。

設立年 1990年
オーストリア
サブセクター 太陽熱、風力、エネルギー貯蔵
従業員数 51 – 250名
URL http://www.biogest.at