Aurelius Environmental

弊社は鉛蓄電池に使用されるペーストを再利用する刷新的湿式精錬プロセス(特許取得)というテクノロジーを主に販売している会社です。環境に優しいこのテクノロジーによって、産業界の二酸化炭素排出量を80〜89%削減し、二酸化硫黄などの有毒ガスを排除、スラグ(鉱滓)を90%以上削減、そして鉛蓄電池のスクラップ1万トンにつき50万ドル以上節約することができています。さらに、生産されたリサイクル電池は市場に出ている電池よりもエネルギー密度が高い、高品質の電池です。弊社の技術はライセンスの付与またはサブ・ライセンス、ジョイント・ベンチャーなどで展開可能です。主にEU内に販売していますが、これからさらにグローバル化を目標としています。現在ブラジルでリサイクル・プラントを建設中です。日本と韓国にもビジネスパートナーがおり、これからますます発展できればと考えています。特許は1件が取得済み、1件が出願中です。商標は4件登録があり、これまでに6度、様々な賞を受賞しております。

【会社概要】

弊社は鉛蓄電池やリチウムイオン電池、一般廃棄物などの処理経験を持つ廃棄物管理会社です。年間1万トン以上のスクラップを処理しています。
弊社の基盤となる技術は鉛蓄電池に使用されるペーストの再利用です。イノベーションによって、産業界の二酸化炭素排出量を80〜89%削減し、二酸化硫黄などの有毒ガスを排除、スラグ(鉱滓)を90%以上削減、そして鉛蓄電池のスクラップ1万トンにつき50万ドル以上節約することができています。

【製品情報】

弊社は鉛蓄電池に使用されるペーストを再利用するための刷新的湿式精錬プロセス(特許取得)を販売しています。資本支出は、乾式精錬の7分の1。また、処理にかかるコストも、リサイクルされた電池スクラップ1万トンにつき50万ドルも節約することができます。

弊社のプロセスは環境保護にも役立ちます(スラグ90%削減、二酸化炭素排出量80〜89%削減、有毒ガス排出ゼロ)。しかも、生産されたリサイクル電池は市場に出ている電池よりもエネルギー密度が高いのです(初期の電気化学試験によると30%ほど高い)。

より高いエネルギー密度を持ち、地球に優しい電池を求めている生産者、ユーザーの皆様と一緒に仕事をしたいと思っています。弊社の技術はライセンスの付与またはサブ・ライセンス、ジョイント・ベンチャーなどで展開可能です。

イギリス
設立年 2014年
本社 イギリス
URL http://aureliustechnology.com/
サブセクター Waste